TOMIO NAKAMURA WEB SITE

HOME NEWS BIOGRAPHY PICTURE PHOTO
POEM BLOG
FACEBOOK  MUSIC

POEM

*定期的に作品を入れ替える予定です




「ロングスリーパー」

剥ぎおとされた気力
発展しない日々
何もなく一日が終わり
同じような一日だけが増えていく
煩わしい現実から目を背けようとしているのか
長い時間眠ってしまう

魂を持て余す部屋
生かし方を知らない
悔しまぎれに言ったんだ
この部屋は宇宙だと
こぼれた涙は種を植え実を結ぶ
早く目を覚ましてくれ
ロングスリーパー



「月をつかもうとする男」

月に手を伸ばしても
届かない事を知っている
そしてこれが安全な距離だという事も
もしあの月をつかむ事が出来たなら
もっと高い所へ放り投げてやるんだ



「終着駅」

放浪生活が身について

いくら遠回り
寄り道をしようが

運命に背はそむけられない
どんな道を歩もうが
宿命の元へ帰らなければならない



「願い事三つ」

神様どうか
引力をください
透明さをください
やわらかさをください




「スロースターター」

少しずつ温めてきたことなんだ

ゆっくり育んできたことなんだ
ひとつずつ整理していくんだ
才能はいつだって遅れてやってくるから



「旅暮らし」

道はいくらでもあるし
解釈の仕方もいくらでもある
うまくいかない事を嘆くより
星の数を数えたい

辿った道の物語から

生まれてくるもの
より高みへ行く
道筋なのかもしれない
自分を驚かしてやる



「無」

煩悩まみれ
世俗に埋もれる
全力で私利私欲を追いかける

手で触れられるもの

目で見えるものだけを信じ
小さなストーリーを背負って
自分の世界に固執しているだけ

深く潜っていけば宇宙がある

形に残す必要など何も無い



「理解」

幸せな生活にも
痛みはともなう
手に入れたら手に入れたで
失うことを恐れてしまう

いつまでも自分の抜け殻に

怯えている臆病者で
どうしてもブレーキを踏んでしまう

運命を恨んで

魂を引きずるオレを
母さんは泣いていた



「旅から旅への繰り返し」

理想や憧れに強迫されて
絡まってしまった
煮詰まった部屋からなんとか逃げ出し
解放され自由を得た喜びは束の間で
すぐ日常の退屈さに連れ戻される
閉ざした心で旅をしても
四畳半の部屋と
さほど変わりなかった

知らない街の夜は寂しい
街灯のない所では恐くて眠れない

本能は知っている
安全な場所に自分を追いやる事が
一番危険だという事を



「魂にうそをつく」

今日も時計ばかりを気にして
単純作業を繰り返す
時間が過ぎる事だけを望んで
やりがいもなく
意義を見いだせず
言われた事だけをやっている
しらじらしさ
契約が切れた時には何も残らない
偽りながら同化し
仕事が終われば自分を取り戻す

誰にでもできる仕事を続けていく事は
誰にでもできる事ではない



「賭ける」

真剣勝負に勝る
興奮も快楽もない
遊んでる暇はない



「インスピレーション」

直感的にえぐる
内にあるものを掴む
自分の感覚まで引き寄せる

コントロールしようとしてはいけない
衝動の中に飲み込まれていけばいい
理由なんて後からでもつけられる



「誰かが悲しんでいる」

君は知っているだろうか

どんなに落ちぶれても建前や
役割を演じていかなければならない
人間の悲しみを

君は知っているだろうか

叫びたくても声を失ってしまった
人間の悲しみを

君は知っているだろうか
感情を置き去りにしても
いつかは取りに戻らなければならない
人間の悲しみを



「誰にでも薔薇」

罪人を裁こうとすれば
悪は移るだけです

善悪を秤に掛けたつもりで
自分の正義を証明しようと
罪悪を押し付ける生贄を探している

神様は受け殺し
思考や選別を喜びはしないだろ



「この世」

誰かが
この世に生まれ
誰かがあの世へ去り

誰かが幸せの中にいて
誰かが不幸せの中にいる

誰かの恋が叶う時
誰かが失恋している

誰かが笑いもすれば
誰かが泣きもする
この世はきっとそういう所なんだろう



「何でも先延ばしする君へ」

情熱をラッピングする事はできない
あたためなおす事もできない
沸き上がった一瞬をすくいあげるしかない



「週末は自分の世界に閉じこもる」

雨が僕を閉じ込める
太陽が僕を閉じ込める


あまりにも自分が臆病で
小さな囲いを築いて
小さな事を
とても小さな事を気にしていたから



「心の灯火」

自分を見失って
明日がわからなくて
自分をどんなに粗末にしても
無意識はちゃんと考えてくれている

目を閉じて

胸に手を当てれば
熱いものが込み上げてくるだろう



「生活の音」

ふすま越しに聞こえてくる
テレビの音 笑い声
部屋に鳴り響く足音
洗い物をしながら
ハナウタを歌っている
くだらない愚痴も
憎まれ口だって

失ってから気づく
大切な音だと
ずっと聞いていると
聞こえなくなってしまう音だから

今は冷蔵庫の音だけが響いています。



「収まりがいい二人」

貧乏と付き合っている
お金の方が好きだが
お金は俺の事が好きではないらしい
こんな俺だけど
貧乏は好きだと言ってくれる
ずっと一緒にいようとも言われたが
貧乏には悪いが
俺はやっぱりお金の方が好きだし
できる事なら
お金と一緒にいたいと思っている



「自己紹介」

ぐらぐらの精神のオレは
ちょっとした事で気分が変わってしまう
いくつになっても
感情や気分に流されてしまう半人前で
ささやかな事でつまずき
今じゃ何もない所でもつまずいてしまう
ただ不安定さを嘆くのです

こんな男でも
裏返しにすれば
いい男なんだ



「行動でしか示せない」

本当に大切なことは
直感ですぐにわかる
迷いはしない
直感でわからないことは
どちらでもいいこと

ひらめきの人
理屈づけた時には
そこにはもういない



「ゆっくり這う」

空を飛ぶ者よ
大地を駆け抜ける者よ
地面を這いつくばるオレを
健全な者は笑うかもしれない
それでもオレは
魂をすり減らし
痛みと共に生まれたものだけを
この世に残す



「浄化」

身の丈がわからず

小さな器をいっぱいにして
不安や焦りの中で
怯えながら一人で戦っている

心の儚さを知り
行く道の細さ
生きづらさ
自分のもろさを知り
人をにらみつける事など
しなくなっていた



「苦労人の時代」

耐え忍ぶ時

破滅と再生を繰り返す
耐え続ければ景色は変わる
蓄えてきたシナリオだってある
あとはささやかなきっかけを待っている

今思えば

あの頃の苦悩は詩だったのかもしれない



「シビアな関係でいよう」

天は二物を与え
生活費を与えなかった



「みんなが普通にやれることができない」

もっともっと
冒険したい

もっともっと
反抗したい

もっともっと
粗削りでいたい

スマートになんか生きられない



「ペシミストにしてロマンチスト」

本音はいつだって恥ずかしいから
ひねくれ者のオレは
バラバラに分解して
暗号にして届けるよ




「ろうそくの灯でもあたたまる」

豊かさの中に隠すだけで
本質は変わっていない
いつまでも弱いままで
今も同じものを恐れ逃げている
結果で左右されない本物
克服するのではなく受け入れる
手に入れなくても私は幸せです



「真夜中」

ネオンの光の中には
どれほどの誠実さがあるのだろうか

路上に寝転んでいる酔っぱらいは
どんな夢を見ているのだろうか

もし僕がボロキレをまとって
新宿の街で段ボールの中で寝ていても
君は気づいてくれるのだろうか



「壮絶なドラマを」

心の底から幸せだと思える時が
訪れる時には
過去の苦しみ悲しみなんか
一瞬で清算されちまうんだろう

そして、こうつぶやく

こんな筋書きが待っていたのか





PAGE TOP


Copyright (C) 2012 tomio nakamura. All Rights Reserved.